エンタメの王道 いろいろな音楽の楽しみ方

近年、音楽などの違法ダウンロードが問題視されています。この行為がエンタメ業界にも影響を与えるか紹介します。

音楽の違法ダウンロードはエンタメ業界に影響を与えるか

最近アイドルグループのももいろクローバーZがアルバムを発売し、売り上げも好調なようです。

AKB48のシングルも相変わらず100万枚を突破し続けており、音楽業界も少しずつ回復しているのではないでしょうか。日本のエンタメ業界で音楽は回復してきているのでしょうか。最近そのデータが出てきたのですが、音楽CDやダウンロードは、売り上げを伸ばしているのです。

2012年度の売上高を見てみると、CDやダウンロードといった音楽ソフトは3108億円でした。
この数字は2011年よりも売り上げがいいという結果でした。
この結果を見て、業界関係者はホッと方をなでおろしているようなのです。

実は違法ダウンロードが後を絶たない状態で、音楽業界だけでなく、エンタメ業界にも大きな影響を与えているのです。

実際、違法ダウンロードの影響で音楽業界全体の売り上げが落ち込んだというのです。

海賊版を無料で配信されたり、フリーソフトで音楽を録音されたりと手軽に手に入れようとする行為が後を絶たないのです。

実際、着うた市場やインターネット音楽配信の売上高は減少し続けています。
これには、日本でも著作権の整備やセキュリティの体制を整える必要があるようです。

昨年の売り上げの中心になっていたのはCDでした。
CDに馴染みの深い中高年層に人気のアーティストのベスト盤が、昨年は多く発売されいずれも大ヒットしました。
これが売り上げにもつながったのです。

違法行為は、映像などで収入を上げるエンタメ業界の衰退にもなりかねない問題ですので、1日も早い改善策を講じてもらいたいものです。

関連キーワード

Copyright (C)2017エンタメの王道 いろいろな音楽の楽しみ方.All rights reserved.